横浜・保土ヶ谷エリアの永代供養墓はココ!

横浜で「終活」するなら考えておきたいお墓のことと「永代供養」

    

考えておきたい横浜での「終活」。永代供養について

婚活や妊活、就活などという言葉と並んで、最近では終活という言葉も一般的になってきました。

現在では終活という言葉は、人生の終わりを考える事で自分を見つめ直し、最後に向けて生きがいのある時間を過ごすための活動、という意味にもなっていますが、本来は葬儀やお墓の準備等、人生の最後に必要になる事に向けての事前準備の事を言っていました。この、本来の意味の終活と関わりの深いお墓について考えてみたいと思います。

 

お墓について

人生が終わると、人はお墓の中で眠る事になります。では、お墓とはいったい何なのでしょうか。お墓とは、家がずっと続いてきた証であり、家としての弔いのためのメモリアルモニュメントでもあります。先祖に感謝をし、祀る場でもあり、みずからの先祖との繋がりを感じる場でもあるのです。だから、お墓はずっと大切にされてきましたし、お墓参りは大切な行事だったのです。しかし、近年では少子化や、地方から都市部に移住する人が増えた事もあり、そのお墓を維持管理する事が難しくなっています。

多くの人がお墓と聞いて頭に思い浮かべるのは、「○○家の墓」「○○家先祖代々之墓」などと書いてあるものではないでしょうか。このお墓を家墓(いえはか)と言います。一家は、檀家となっているお寺に一つお墓を持ちます。そして、そのお墓は一人の子供に受け継がれます。これは、通常長男が受け継ぐことが多いと思います。ですから、その家墓には代々長男家族が葬られる事が多いのです。そして、それ以外の男児は新しく自分たちのお墓を作ります。これが、伝統的な家墓の仕組みなのです。

檀家という言葉もよく耳にしますが、きちんと理解出来ているでしょうか。檀家とは、寺院に先祖の供養をしてもらい、代わりにその寺院を経済的に支援する協力団体とも言える構成員になります。お布施と呼ばれる経済的な見返りと、先祖の供養や法要などいわゆる菩提を弔ってもらえるのです。
これが檀家制度なのです。戦前は、地域の共同体と檀家のグループはほぼ同一でした。お寺と地域はそれだけ深くつながっていたのです。
ですが、戦後になると地方から都会への人口流出が始まり、地方の過疎化が進むと、お寺と地域の繋がりは薄くなっていきました。現在では、葬儀や先祖の年忌法要などの儀礼の場でしか檀家とお寺の接点がない事が多く、そのために檀家という制度についてよく知らない、という人が増えたのです。

お墓は借りもの?永代供養について考える

お墓を買う、という言葉をよく使いますが本当は、墓地は借りているものです。お墓を新しく建てる場合、お寺や霊園に永代使用料というお金を払い、永代使用権を得てその上に墓石を置くのです。そのお墓を受け継いでいく人がいる限り、その場所を使用する事が出来ます。もしも、お墓を受け継ぐ人がいなくなってしまった場合、その墓地から墓石を撤去し、更地にして寺や霊園に返還しなくてはいけません。

前述のように、お墓は長男が代々受け継いでいくのが普通でした。ですが、家という概念が希薄になった現在では、長男が特別扱いされる事が良くも悪くも差別だという考え方も生まれ、長男が両親を地方に残して都会に働きに出る事も多くなりました。すると、遠い故郷のお墓を維持管理する事が難しくなったのです。また、それ以外の男児が新しくお墓を建てる事も、経済的な問題や土地不足の問題などもあって、簡単な事ではなくなりました。

そういった状況を背景に、墓地を用意する必要もなく、費用も少なくて済む永代供養が注目を集めるようになったのです。

横浜では、引き取り手のない遺体の無縁仏が増加しています。供養をしてもらえない無縁仏は、空腹のままさまよい続け、安らかに眠る事が出来ません。先祖代々のお墓を継ぐことが難しくなった今、永代供養は無縁仏になる事を防ぐ現実的な方法なのです。終活と共に今から永代供養について考えてみてはいかがでしょうか。