横浜・保土ヶ谷エリアの永代供養墓はココ!

横浜で永代供養するならこんなところがあります!

    

横浜の永代供養の様々な特徴

 

横浜で永代供養が出来るところを探してみると、とてもたくさんあります。
その中から一つ選ぶように言われても、気の遠くなるような作業です。
そこで、横浜で永代供養を行うならどんなところがあるかまとめてみました。

 

 

アクセスが抜群!リーズナブルでバリアフリー完備

横浜は何と言っても場所が都市圏にあり、抜群のアクセスです。
東京・関東の都市圏のほぼ中心に位置していますから、関東近辺に住んでいる方であれば気軽に訪れることができます。
公共交通機関もJR、横浜高速鉄道みなとみらい線、東京急行電鉄、京急電鉄など都心とつなぐ交通網が多く大変便利です。
また、市内のバスなども充実していますから、駅などから離れた施設でも、さほど苦にならない場所にあります。

横浜エリアの一般的な価格ですと、永代供養の価格は30万円前後とリーズナブルで、最長三十三回忌まで遺骨を預かってくれます。
その間、毎朝の供養と年5回の法要を行ってくれるのも嬉しいです。
さらに、位牌と戒名がセットになっていますから、故人への想いを大切にしたい方におすすめです。
もちろんプランによって位牌なしなどもありますので、詳細は事務局へ問い合わせると良いでしょう。

横浜は観光地としても職住を考えても人口が多いエリアです。
それだけに混み合うシーズンも多く、大勢の人が混みあうことも検討材料のひとつです。
そういう意味では必ずしも横浜だけの特徴ではないかもしれませんが、横浜エリアの供養施設では混雑対策を念頭に整備されているところが多いです。

また、バリアフリーも積極的に導入しているようですから、車いすや足腰の弱った高齢者や、体の不自由な方、お子様連れの方でもお参りしやすくなっています。

自動車で墓参できる!家族や単独者など多岐に対応!

横浜は開港して150年以上になります。
そのため、古来の古刹と明治からの歴史的な宗教施設も多く混在しています。
古刹寺社では古くから供養施設として地域の方に愛されています。
また、幕末明治の開港以来、キリスト教関連の施設も多いです。
多岐に渡る供養施設が多いのも横浜の特徴と言えます。

自動車を使って墓参する方にとっても横浜エリアでは、インターチェンジ近くに位置している供養施設が多数あります。
特にインターチェンジから数分のところに幾つかの霊園があります。
やはり場所柄でしょうか、神奈川県の豊かな自然と都市圏の便利さが、ほどよい間隔でマッチングしている点は、墓参者にとってもポイントが高いのではないでしょうか。
そもそも横浜・神奈川エリアは幹線道路も高速道路も充実しており、インターチェンジ数も多いです。
それらのインターチェンジを中心に霊園が点在しています。

横浜を始め都会では大家族、核家族、単家族と様々な人が暮らしています。
そのため霊園・供養施設でも多様なプランやサービスを提供しています。
例えば一人で入る独立安置墓所はもちろん、夫婦で一緒に入れる夫婦墓所や家族で入れる家族墓所もあり、様々なニーズに対応してくれます。
永代供養の金額はある霊園のひとつの例ですが、8万円~180万円となっていて、幅広いニーズに応えている事が分かります。
横浜で永代供養をしてくれるおすすめの永代供養墓を、特徴を中心にご紹介しました。
横浜は東京に近く、それでいて少し離れると自然が多く残っているエリアです。
安らかに眠る魂の居場所としては大変良いところと言えます。
風光明媚な場所であり、かつ交通網にも恵まれた地域として、ますます供養施設が増加していく傾向にあります。
それだけに選択も多く悩ましいと思われる方も多いでしょう。
それぞれの永代供養墓に様々な特色がありますから、あなたの希望に合うところを探してみてください。