横浜・保土ヶ谷エリアの永代供養墓はココ!

長いほどオススメ?永代供養の「お預かり期間」

    

永代供養のお預かり期間について

 

永代供養では、遺骨を一定期間個別に預かってもらい、その後合祀墓や合祀塔に移されて他の人と合葬されることになります。
そのお預かり期間には、2年や3年といった比較的短期間のものや、33年や50年、少数派ながら半永久的に骨壺で安置してもらえるというところもあります。
このお預かり期間は、どうやって決められるのでしょうか。
また、お預かり期間は長ければ長いほどいいのでしょうか。

 

 

合葬されると遺骨は取り出せない?最も多いお預かり期間

永代供養では、遺骨は一定期間骨壺のまま安置してもらうことが出来ます。

その間は、自由に遺骨を取り出すことが出来ますし、個別に安置されている事でお参りする人も特別な気持ちを抱く事が出来るでしょう。

そして、その一定期間が過ぎると合葬されるのですが、そうなってしまうと遺骨は骨壺から出されて他の人の遺骨と一つの納骨棺に入ることになります。

そうなると、もう取り出す事は出来ませんから改葬する事も出来ませんし、他の人と同じところにお参りすることになります。

こう考えると、お預かり期間は長い方が故人を特別に偲べるような気がしますね。
骨壺で個別に遺骨を安置してもらえる年限の設定には、三回忌や七回忌、十三回忌、五十回忌などがありますが、横浜のある墓地の最も多いのは三十三回忌までという年限です。

三十三回忌は、弔い上げと言われて完全に成仏すると仏教では考えられていますし、それだけの期間が経てば故人を覚えている人も少なくなるという慣習上の見方の影響もあります。

ただ、施設によってお預かり期間は違いますし、同じ施設でもお預かり期間を選べるところもあります。

残される者の気持ちとしては、出来るだけお預かり期間が長い方がいいように思えます。

ですが、亡くなった後に出来るだけ散骨に近い合葬という方法を望む人もいれば、骨壺で永く安置して欲しい、という人もいます。

一人で眠るのは寂しいので最初から遺骨を骨壺から出して合葬して欲しい、という人もおられるのです。

ですから、お預かり期間については本人の気持ちを尊重してあげた方がいいでしょう。

合祀墓や合祀塔に移されてからもそこできちんと供養してもらえますから、お預かり期間が短いからといって無縁仏になる心配はありません。

お預かり期間が長ければ長いほどその人が喜ぶとは限らないのです。

費用はお預かり期間によって違う?

永代供養を行う際の現実的な問題として、費用の事があります。

もちろん、永代供養を依頼する施設によって費用は違いますが、一般的にお預かり期間が長くなると、それだけ費用も高くなる場合が多いのです。

最初から骨壺から出して合葬する場合は、一般的に費用が安くなっていますし、お預かり期間が三年程度のところも費用が安いところが多くあります。

ですが、三十三回忌まで預かってくれるようなところでは、数十万円する場合も少なくありません。

これは、永代供養の費用の中に管理費も含まれている事が多いからです。

通常のお墓の場合は、管理費をずっと払い続けなくてはいけない事が多いのですが、永代供養の場合は一度お金を支払ったらそれで終わり、というところが多いので、お預かり期間が長いとそれだけ初めに払う金額が大きくなるのです。

費用面も考えて遺骨を預かってもらう期間を決めましょう。

また、永代供養では、分骨という方法もあります。

遺骨の一部を納めた小型の骨壺を安置し、残りの遺骨を合葬するという方法です。

その場合の費用は、永代供養量の一割程度が相場のようです。

分骨作業の手間賃のようなものですね。

お預かり期間は、長ければ長いほど良いという訳ではありません。

本人の意思や費用面などを考えて、その人に合ったお預かり期間を選ぶようにしましょう。