横浜・保土ヶ谷エリアの永代供養墓はココ!

無縁仏と永代供養の違い?

    

無縁仏と永代供養の違い

無縁仏は祀る人のいなくなった仏で、やむを得ず寺院が代わりに供養をします。

永代供養はむしろ逆に永く先祖を供養してもらうための司祭行為です。
ただ、どちらも寺院で供養してもらうものだから同じようなものだろう、と思っている人もおられるようです。
ですが、この二つは似て非なるものなのです。
無縁仏と永代供養には、どのような違いがあるのでしょうか。

 

無縁仏とは

無縁仏の本来の意味は、身寄りがまったくおらず弔う人がいないためにさまよっている霊魂の事です。
供養をしてもらえないので常にお腹を空かせており、安らかな死を迎えられずに怨念を持ってさまよっているので、祟りを起こすものと考えられ、仏との因縁を結んだ事のない霊魂だとされています。
由来はさておき、現在では供養する家族親族が一人もいない遺体や墓のことを指しています。
戸籍が発達している現在においては、まったく親戚縁者が一人もいない、という人は少ないのではないでしょうか。
そのため、亡くなってすぐに無縁仏になる、というのは稀なケースだと思われます。
戸籍がなく、子供を捨てたり人身売買が行われたりしていた時代には、亡くなってすぐ無縁仏になる場合もありましたが、現在では親族の方全員が一度に突然の事故などでお亡くなりになったりしない限り、墓守が一人もいなくなる、という事態は考えにくいでしょう。
それよりも、家族親族が途絶える事で無縁仏になってしまう状況の方が一般的です。
確率論的には、永遠に供養され続ける確率は非常に低く、いずれはすべてのお墓が無縁仏となると言われていますが、それは亡くなってから随分先の話になります。

永代供養とは

永代供養とは事前に菩提寺に供養をお願いする事です。
永遠に子孫が続くなら必要ない行為ですが、不幸にして生前者が亡くなり、供養することが出来なくなることもあります。
そうならない前に、お墓の撤去や一定期間の供養を事前にお寺に依頼し、お寺に供養をしてもらう事です。
親族がいない場合に、供養してもらえずに無縁仏になりたくないという人や、親族がいたとしても墓守としての負担をかけたくない、という人の需要を集めているのが、永代供養です。

無縁仏と永代供養の違い

無縁仏とは、その家代々の墓碑を管理し供養するべき家族・親戚・血縁者がいない、あるいは出来ない状態です。
そのため、寺院による墓地の場合、寺院や他の檀家などが墓を維持する費用を捻出し、代わりに管理することになります。
あるいは公営墓地の場合は地方自治体が親族・血縁者に代わって責任を負う事になります。

では永代供養はどうでしょうか。
まず永代供養では所属する寺院に一定の間は供養と管理を任せることが出来ます。
その代わり、事前に永代供養代として相当する金額を支払うことになります。

または、親戚・縁者はいるけれども、生前あまり付き合いもなければ負担をかけたくない、と思う人も多いでしょう。
自らの供養を生きている内に自分で申し込む場合が多いのです。
ケースによっては本人の死後、生前に親しかった人や血縁者などが申し込む場合もあります。
無縁仏はなろうとしてなるものではありませんが、永代供養は意思を持って行うものなのです。

横浜市では最近無縁仏が多くなっているそうです。
無縁仏になってしまうと、寺院や檀家、地方自治体などに費用負担などの迷惑をかけてしまいます。
この無縁仏が増えて納骨スペースがパンクしそうだとも言い、今社会問題になっています。
そうならないように、永代供養などの対策をしておきたいものです。