横浜・保土ヶ谷エリアの永代供養墓はココ!

横浜の「永代供養」墓に改葬する方法

    

改葬を行うためには?

 

「先祖代々の墓があるけれど遠過ぎてお参りに行けないので横浜にお骨を移したい」「お寺との付き合いを負担に感じるようになったので、お寺から離れて墓地を引き上げたい」などという時には、永代供養墓への改装を考えてみてはいかがでしょうか。
ここでは、横浜の永代供養墓に改葬する場合を例に考えてみましょう。

 

 

お骨を移す「改葬」とは?「改葬」を行うまでの手続き

「改葬」とは今のお墓からお骨を別のところに移して供養する事を言います。
お墓のある故郷から離れてしまって墓の管理が出来ない、といった場合などにお墓を自宅の近くなどに移動させることが出来るのです。
ただ、自分の家のお墓だからと言って、自分の好きなようにお骨を動かすことが出来るわけではありません。
その際にはきちんと必要な手続きを踏む必要があります。
その手続きは、「墓地、埋葬等に関する法律(墓地法)」第2章に定められています。
改葬を行うために必要な一般的な手続は、以下のとおりです。
まず、新しくお骨を移す移転先のお墓を決めます。
そこで移転先の証明書を発行してもらいます。
この証明書は「受入証明書」や「納骨許可証」「使用許可証」などお寺によって名称が異なります。
次に、今のお墓のある市町村役場で「改葬許可申請書」の用紙をもらい、今のお墓の管理者に必要事項を書いてもらい、署名・押印してもらいます。
その「改葬許可申請書」と移転先のお墓の証明書を今のお墓のある市町村役場に提出して「改葬許可証」をもらいます。
その「改葬許可証」を移転先のお墓の管理者に提出して改葬してもらいます。
以上が改葬の一般的な手続きですが、市町村役場によっては移転先の証明書が必要ない場合もありますから、事前に今のお墓のある市町村役場に確認しておきましょう。
横浜でも改葬手続きがそれぞれの区のホームページに掲載されていますが、移転先の証明書は必要ないようです。
また、今のお墓から遺骨を取り出す時には御魂抜き法要、移転先のお墓に遺骨を納める時には開眼法要を行います。

改葬にかかる費用

改葬はただ単にお骨を移動させるだけではありません。
今あるお墓を処分しなくてはいけませんし、お墓を新しく建てる必要もあります。
そして、それぞれに費用がかかるのです。
お墓を処分する際には墓石・区画処分費用や遺骨の取り出し、御魂抜き法要などの費用がかかります。
また、お寺によっては離檀料を請求される場合もあります。
墓石・区画処分費用は、お墓として使用していた区画を元通りの状態に戻すのに必要な費用です。
金額の目安は30~50万円で、区画の大きさやその際に使用する重機によって変動します。
遺骨取り出しの費用はおよそ4~5万円程度が相場です。
御魂抜き法要を行う際は別途1万円程度のお布施が必要になります。
離檀料はお寺によりますが、不要のところもあれば数十万円かかるところもあります。
お墓を立てる際に離檀料の事を聞かされておらず、トラブルに発展することも少なくありません。
事前に確認しておきましょう。
お墓を移す際には、運搬費や施工・石代、開眼法要、永代使用料といった費用が必要になります。
運搬費は10万円程度ですが、移動する距離によっては金額が増減することもあります。
開眼法要は読経を行う僧侶へのお布施として3~5万円程度が目安になりますが、霊園によっては希望次第で開眼法要を行わない場合もありますから、事前に確認しておきましょう。
施工・石代と永代使用料は、通常それぞれ数十万円~300万円程度が必要になります
が、永代供養墓に移す場合はこの費用を安く抑えることが出来ます。
ただ、永代供養墓で合祀されてしまうと、もう改葬をする事は出来なくなりますから、合祀されるまでの期間は慎重に確認しておきましょう。

最近、改葬をする人が増えているそうです。
横浜の永代供養墓に改葬する場合も、移転先の管理者と相談して、費用や法要の有無などを確認しておきましょう。