横浜・保土ヶ谷エリアの永代供養墓はココ!

永代供養のお参り・供養、納骨後はどうなるの?

    

永代供養。納骨後はどうなる?

 

少子化が進み、生涯独身の人も増えてきた現在、お墓の管理が難しい人や承継者がいない人に人気を集めている永代供養。
ですが、まだ具体的にどのようなものか良く分からない、という人も多いのではないでしょうか。
ここでは横浜エリアの永代供養を中心に、葬儀が終わり、納骨が終わった後の流れについてご説明します。

 

 

 

納骨後の遺骨の扱い・供養

永代供養の納骨後の遺骨の扱いについては、依頼するところによって色々と変わってきます。
すぐに遺骨を骨壺から出して他の方の遺骨と一緒に合祀するところもあれば、一定期間墓地や個別墓に安置した後に合祀するところもあるのです。
この期間についても、三回忌で合祀されるところもあれば、五十回忌まで安置してくれるところもあります。
これについては、しっかりと確認しておきましょう。
遺骨をしっかりと個別に祀ってもらい、お参りする際にはっきりとした対象が欲しいという人は、出来るだけ長期間納骨堂に安置してくれる方がいいでしょうし、お参りにはあまり行けないので、とにかくしっかりと供養をして欲しい、という方は最初から合祀されるタイプの永代供養でもいいでしょう。
そちらの方が価格が安い場合が多いのです。
どちらにせよ、納骨が終わった後の供養はお寺にお願いすることになります。
言葉としてはよく耳にする供養ですが、実際にお寺ではどのような事をしてくれているのでしょうか。
供養とは、故人に供え物や花を供えてお経やお線香をあげ、手を合わせてお参りし、冥福をお祈りする事です。
追善供養とも言います。
弔ってくれる人がいなくて供養されない霊魂は無縁仏と呼ばれ、お供え物がないので常に空腹でいて安らかな死を迎えることが出来ず、やがて怨念を持って祟りを起こす、とも考えられています。
承継者がいなくなると無縁仏になってしまう恐れがあるので、お寺が供養をしてくれる永代供養に人気が集まっています。
こう聞くと、供養をしてくれる回数が多いところの方がいいように思いますね。
ただ、供養の回数が多いところは永代供養の金額も高くなるところが多いので、バランスを考える事が大切になります。

供養の回数はお寺によってまちまち。もちろんお墓参りも可能

遺骨を納骨・安置した後はお寺に供養してもらうことになります。
供養してくれる時期については、そのお寺によってまちまちです。
年に一回祥月命日に供養を行うところもあれば、春彼岸・お盆・秋彼岸に合同供養を行うところもあります。
毎月供養を行うところもありますし、毎日供養してくれるところもあるのです。
これも、事前にしっかり確認しておきましょう。
供養については、特に本人の希望が大切になります。
亡くなった方がお腹を空かせないように、満足のいく供養をしてもらいましょう。

永代供養ではお墓参りが出来ない、という誤解をしている人を見かけます。
基本的にはいつでもお参りして大丈夫、というところが多いのですが、屋内の納骨堂などの場合はお寺の事情でお参りが出来ない時もあります。
また、納骨堂や納骨檀が解放される時間が定められているところもあります。
お盆やお彼岸の時は特にお寺にお参りに行っても構わないか、確認しておくようにしましょう。

宗派を問わず永代供養をしてくれるところも多いのですが、そのような場合はお参りの時に隣の人が違うお題目を唱えたり、お経を読まれたりする事もあります。
お互いに譲り合って、混雑時にはあまり大きな声でお経を読んだりするのは避けるようにしましょう。

納骨後の供養やお参りについては、特に永代供養の依頼先によって対応が分かれるところです。
その時になって、こんなはずではなかった、などと思う事のないように、事前にしっかり確認してから永代供養を選ぶようにしましょう。