横浜・保土ヶ谷エリアの永代供養墓はココ!

横浜などの都市でも注目されている永代供養とは?

    

永代供養とは?

 

近年、横浜でも少子化や不景気などの影響によって、永代供養が人気を集めています。

ですが、永代供養とはどのようなものか、ご存知ない方もおられるでしょう。
一般的なお墓とはどこが違うのでしょうか。

 

 

永代供養とは

その名のとおり永い代に渡って供養するものです。
お子さんがいない、あるいは嫁入り・婿入りなどで引き継ぐべき家がなくなる事により、先祖代々のお墓を受け継ぐ人がいなくなることもあります。
その場合でも、お寺が長い年月供養を続けてくれるというのが、永代供養なのです。
ただ、永代とは言っても未来永劫供養を続けてくれる、という意味ではありません。
お寺や霊園ごとにその期間は決まっていて、通常は33年程度のところが多いのですが、お寺や霊園に相談すれば、様々な年数を設定する事も可能です。

お骨の管理

お骨はお寺や霊園で預かってもらう事になり、多くの場合は合同墓や合祀墓と言われる共同のお墓で管理される事になりますが、お骨を骨壺のまま安置し供養する分骨型の供養もあります。
共同墓地の場合は、分骨型よりも低い費用で済みますが、一度お骨を収めると分骨は出来なくなります。
このあたりをよく理解して、永代供養を依頼するようにしましょう。

分骨型の場合も、永久に個別に供養してくれるわけではなく、33年や50年といった一定の期間を過ぎると、その後は他の方のお骨と一緒に合祀で供養する事になります。
そうなると、こちらもお骨を取り出す事は出来なくなります。
お寺や霊園によっては、合祀までの期間が7年や17年といった比較的短期間のところもありますから、事前に確認するようにしてください。

通常のお墓との違い

永代供養の場合は、お寺が家族・親族・血縁者に代わって供養をしてくれます。
また、個人墓の場合を除いて墓石代が不要だったり、墓地使用料が割安になったりと費用が少なくて済みます。
ほとんどの場合、過去の宗旨宗派を問わないところも、一般のお墓との違いです。
なお、費用の面ではお布施や寄付金など別途費用も基本的にはかかりません。
ただし、生前申し込みの場合は、年会費や護寺費、年間管理費が必要なことがありますので、詳細は良くお寺に聞いて下さい。

お寺によっては、供養のあり方も対応が異なります。
例えば合同供養を毎年の春と秋のお彼岸やお盆に行うだけや、年に一度、もしくは毎月供養してくれるところ、さらに毎年祥月命日も供養してくれるところ、回忌供養まで行ってくれるところなどがあります。

永代供養墓の造り

永代供養される事になった方は、どのようなお墓に眠るのでしょうか。
4つのタイプに分かれます。

一つ目は、お墓を大きくし地下に納骨室や納骨棚を作り、その上に仏像や仏塔、碑などを建立した物。
二つ目は、お骨を安置する納骨室や納骨棚を作り、その下に合祀する場所を設けた合祀墓。
三つ目は豪葬墓を備えた納骨堂。
そして、四つ目が一般のお墓と同じく個別のお墓です。

納骨された方の名前の記録は、石板の墓誌に刻字する場合が多いようです。
なお、過去帳や墓石簿に記載する場合もあります。
以上、横浜などの都市圏での永代供養について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。

最近では少子化も進んでいますし、生涯独身という方も多くなっています。
また、不景気のためにお墓に高いお金をかける事が出来ないケースもあります。
そういった人の需要を満たすものとして、永代供養が人気を集めているのです。

永代供養は、お寺によって供養方法も違いますし、お骨の取り扱いも違ってきます。
永代供養を利用する際は、そういった事をきちんと確認して、個人が安らかに眠れるような方法を選んでください。