横浜・保土ヶ谷エリアの永代供養墓はココ!

仏教徒じゃなくても大丈夫?永代供養と宗教の関係

    

永代供養と宗教との関係最近の日本人には無宗教の人が増えていますが、日本人のお葬式は9割以上が仏式で行われています。
ということは、9割以上の人が家の宗教は仏教という事になりますが、そのような意識を持っている人は少ないでしょう。
さらにその仏教も、天台宗や真言宗など様々な宗派に分かれています。
お寺の墓地では、宗派が違うと納骨を断られる事が多いのです。
それでは、永代供養の場合はどうなのでしょうか。
永代供養の場合は、宗教を一切問わないパターンを含めて主に4つのパターンの宗教に関する条件があります。

 

宗教を一切問わない

公営の永代供養墓やお寺以外のところが主体となっている永代供養墓、霊園に開設されている永代供養墓の場合は、宗教を問わずに永代供養を受け付けてくれるところが多くなっています。
無宗教の人も、こういうところであれば安心です。
また、キリスト教や神道の方も宗教不問の永代供養墓なら入る事が出来ます。
横浜などは歴史的にもキリスト教の信者が多いので、宗教不問が好評を得ています。
また、故人の遺骨の場合は宗教的な条件が問われることはあまりありません。

そして、在来仏教についてです。
在来仏教とは伝統的な仏教の事で、天台宗や高野山真言宗、浄土宗、浄土真宗本願寺派、曹洞宗、日蓮宗などであれば、永代供養をしてもらうことが出来ます。
ただし、仏教にも新宗教や新々宗教といった、幕末・明治維新による近代化以後に創設された比較的新しい仏教があり、それらは在来仏教に含まれません。
ただ、この場合は過去の宗旨宗派については問われません。
申し込む時に仏教に帰依すれば良いとされています。

そのお寺の宗派でないと申し込めない

永代供養墓を開設しているお寺の宗派を信仰している人であれば申し込みが出来ます。
この場合も過去の宗教や宗派については問題とされません。
その時にお寺の宗派に帰依すれば、永代供養に申し込むことが出来ます。

申し込もうとしている永代供養墓を開設しているお寺の檀家や信徒として、そのお寺を護持・奉賛しなくてはいけません。
具体的には、護持会費や寄付などによってお寺を経済的に支えるという事です。

檀家になる時に入檀料が必要になる場合もありますし、お寺の維持管理費用のために毎年金銭負担が発生します。
寺や庫裏(僧侶が住んでいるところ)が老朽化した時には改築のための負担金を求められることもありますし、盂蘭盆や十夜法要などの寺の催しで働かされる事もあります。
その他にも様々な負担があるうえに、檀家を離れる際に離檀料を求められる場合もあるのです。

檀家になると、何かあった時にお寺の構成者として権利を主張できる場合があったり、葬儀や法事に関する相談や便宜を図ってもらえたり、手厚く供養してもらえたりというメリットもありますが、なかなか厳しい条件ですね。

家という制度が色濃く残っていた時代、家と菩提寺との繋がりも深く、自分の家の宗旨・宗派は明確でした。
しかし、家を離れて都会に出る人が増え、菩提寺との繋がりが薄くなるにつれて、自分の宗旨・宗派が分からないという人も増えてきました。ですが、お葬式の時には宗派によってそれぞれの作法や決まりごとがありますし、違う宗派でお葬式をあげて戒名を付けてしまうと、遺骨を納めてもらえなくなってしまう場合もあるのです。宗旨・宗派は先祖代々受け継がれてきたものですから、それを知っておくのもいいでしょう。

お寺における永代供養では、仏教やそのお寺の宗派に帰依していれば申し込める、というところが大半を占めています。自分が希望する永代供養をしてもらえるように、宗教に関する条件もしっかり調べておきましょう。