横浜・保土ヶ谷エリアの永代供養墓はココ!

きちんと知っておきたい、永代供養のメリット・デメリット

    

永代供養のメリットデメリット

 

晩婚化や少子化が進んでいる現在では、東京や大阪、横浜など都市圏で、お墓の管理や供養で困っていたり、承継者がいなくなったりしてしまう事が増えています。

それらの問題を解決するものとして永代供養が注目を集めています。
ですが、永代供養も良い事ばかりではありません。
きちんと永代供養のメリット・デメリットを知ったうえで利用しましょう。

 

永代供養のメリット

永代供養のメリットとしてまず挙げられるのが、寺院や霊園が管理・供養をしてくれる事でしょう。
お墓の承継者がいない場合や、いても遠くに住んでいる場合などは、お墓の管理をすることが出来ません。
また、近くに住んでいたとしても草むしりやお墓の清掃のために頻繁にお墓に行く時間の余裕がある人は多くないでしょう。
永代供養にすれば、そのような手間がかかりませんし、無縁墓になってしまう恐れもありません。
また、費用面でもメリットがあります。
墓石を買ったり永久使用権を買ったりする必要がないため、お墓を建てる場合を考えるとずっと費用が安く済む場合が多いのです。
お墓の値段はとても幅が広いので、相場を言うのは難しいのですが、平均すると大体200~300万円の費用が必要になります。
そのうえ、年間数万円程度とはいえずっと管理費を払い続けなくてはいけない場合がほとんどです。
しかし、永代供養の場合は比べるとかなりローコストで収まります。
数万~100万円程度と内容によって幅がありますが、いずれにしてもリーズナブルな料金構成になっています。
しかも、一度お金を払えば後の管理費などは必要ない場合が多いので、普通にお墓を建てるよりもずっと安く済むのです。
お墓のことで遺された子供や親族に迷惑をかけたくない、という理由で永代供養を選ぶ人も多いです。
また意外とアクセスの良いところにあります。
これもメリットの一つです。
永代供養墓は寺院にある場合が多いため、人里離れたようなところにあることはほとんどありません。
お寺で暮らす人にも生活があるのですから、そんなに不便なところにはないのです。
お墓だけの場合は、少し不便なところにあることも珍しくありません。
その他、ほとんどの永代供養墓では宗教・宗派が問われない事が多いのもメリットと言えるでしょう。

永代供養のデメリット

永代供養にもデメリットがあります。
まず、永代供養と言っても永久に供養してもらえるわけではない、ということが挙げられます。
この点については、字面から誤解している人も多いので、ちゃんと理解しておきましょう。
また、合葬されるという点もデメリットとして挙げられます。
一定期間は遺骨を骨壺に入れて納骨堂などに安置してもらえるのですが、その期間が過ぎた後は他の遺骨と一緒にされてしまいますから、二度と取り出す事は出来ません。
その期間も永代供養の管理者によってまちまちで、三十三回忌まで安置してくれるところが多いのですが、中には2年で合葬されてしまったり、最初から他の遺骨と一緒にされてしまったりするところもあります。
故人の遺骨が他人の遺骨と一緒にされる事については、残された方の感情的な問題にもなりますから、この点については、事前によく確認しておく必要があるでしょう。
他に、供養塔などのお参りできる場所が室内にある場合などには、好きな時にお参りが出来ない時がある、ということも知っておいた方がいいでしょう。
少子化、晩婚化の流れに改善の兆しが見られない昨今、永代供養の重要度は今後さらに上がっていく事が考えられます。
ですが、今のところ永代供養については法的な規定は何もないので、一口に永代供養と言ってもその内容は大きく違うのです。
今や、寺社や霊園だけでなく民間企業まで永代供養を提供しています。
その中から自分に合ったところを探せるかどうかが、永代供養に満足できるかどうかの分かれ目でしょう。