横浜・保土ヶ谷エリアの永代供養墓はココ!

ご先祖の位牌はどうする?永代供養と位牌の関係

    

永代供養と位牌の関係

 

 

永代供養を考えている人の中には、位牌をどうすればいいのか取扱いに困っている、という人もおられるでしょう。
そもそも位牌とはどういうものなのでしょうか。
永代供養と位牌の関係は?といった疑問について横浜エリアを中心に調べてみました。

 

 

 

そもそも位牌とは?必ず作らなければいけないの?

位牌とは、戒名(法名、法号)を書いた木の札の事で、一般的には表に俗名と没年月日、裏面に俗名、享年が記されています。
通常は自宅の仏壇やお寺の位牌檀に安置しておき、故人の霊をお祀りするものです。

葬儀の際には白木の位牌を使用しますが、これは四十九日法要までの仮のもので仮位牌と呼ばれています。
この法要の時までに漆塗りの本位牌を用意しておき、法要の時に「魂入れ(開眼、入仏、お性根入れなどと言われる場合もあります)」を行います。

本位牌の形や材質は様々ですが、宗派によって影響される事はないので好みのものを用意して構いません。
仏壇が用意できない場合などにお寺の位牌檀に安置してもらう時は、寺位牌と呼ばれるサイズの大きいものを選ぶ事が多くなっています。

戒名の文字彫りには手彫りと機械彫りがあり、現在は機械彫りが主流になっていますが、それには2週間程度かかるので早めに位牌を用意しておく必要があります。
位牌は必ず作らないといけない訳ではありません。
そもそも、無宗教で葬儀を行う場合や、葬儀を行わない場合、火葬場でお経だけをお願いした場合などには位牌に記す戒名を頂く機会もないでしょう。
また、浄土真宗のように仮位牌のみで本位牌を使わない宗派もあります。

ただ、戒名を頂かなくても自宅で故人を偲ぶ対象が欲しい人などは、戒名を入れずに俗名で位牌を作ることも可能です。

永代供養における位牌

お墓の承継者がいないために永代供養をしようと考えている人の中には、今ある位牌の取り扱いや、永代供養をした人の位牌はどうなるか、といった悩みをお持ちの方もおられるでしょう。
まだ永代供養が世に広まってからあまり時間が経っていないので、そういった事を知っている人も少ないのが現状です。
そのような時は、永代供養を依頼する先に相談してみるといいでしょう。
位牌の供養も併せて行ってくれるところも少なくありません。
位牌の供養の方法は、大まかに二種類に分かれます。
まず一つは、位牌の一時預かり供養です。
これは、読んで字のごとく一時的に位牌をお寺に預かってもらうもので、その期間が過ぎると位牌を引き取るか、お焚き上げを行ってもらって位牌の処分をするかを決めることになります。
位牌をどうすればいいか、考えがまとまらない人に向いている方法です。
残る一つは、位牌の永代供養です。
こちらは、10~20年という長期間位牌を預かって管理してもらえます。
遺骨の永代供養と同じようなものです。
こちらは一定期間が過ぎればお焚き上げを行ってもらいます。
こちらはもう手元に位牌を引き取る可能性がない人に向いています。
永代供養を行った人の位牌に関しては、依頼先によって異なります。
例えば位牌は作らず供養だけとか、永代供養と合わせて制作安置するとか、対応は様々です。
これについては、事前に確認しておいた方がいいでしょう。
位牌とは、遺族の呼びかけに応えて故人の魂が自宅に戻ってくるためのシンボルのようなものです。
ただの思い出の品とは意味合いが違いますので大事にあつかって下さい。
お墓と同じように、故人やご先祖と向き合うための大切なものなのです。