横浜・保土ヶ谷エリアの永代供養墓はココ!

永代供養と永久使用権の違い

    

永代供養と永代使用権の違い

 

 

お墓のことをいろいろと調べていると、永代供養と永久使用権という言葉が見つかりました。
どことなく似ているこの2つの言葉、いったいどう違うのでしょうか。

 

 

 

永久使用権とは?

永久使用権とは、墓地を使用する権利の事です。
その用途と同じように、墓地使用権と呼ばれることもありますが、永久使用権、または永代使用権と呼ばれる事が多いようです。
少しややこしいのですが、あくまで墓を建てるための土地を使用する権利の事です。
所有権ではなく使用権ですから、土地を借りているようなものです。
墓地にする土地は、購入する事は出来ません。
お墓を建てるということは、お墓を建てるための土地をお寺から借りて、その上にお墓を作るということになります。
お金を払って永久使用権を取得し、その管理費を支払っている間はお墓をいつまでも使い続ける事が出来ます。
管理費や、場合によっては寄付金などを滞納してしまうと永久使用権が取り消され、墓地が使用できなくなってしまう恐れがあります。
永代供養が多くの場合は永久ではないように、永久使用権も永久ではない場合もあるのですね。
永久使用権が不要になったときは、お墓を建てる前の更地に戻し、管理者に返還することになります。
また、管理費を支払っていると言っても、基本的には墓石の管理などは自分たちで行います。

永久使用権の譲渡・法的性質・相場

永久使用権は、基本的に他人に譲渡する事は出来ません。
所有権ではありませんから、勝手に他人に譲ったり、売買したりすることは出来ないのです。
貸与をすることも出来ません。
もちろん、使用する名義人が亡くなった場合には継承者が墓地に名前を届け出ることで永代使用権を継承することが出来ます。
つまり、権利を承継してくれる人がいない場合は、お墓を建ててもその代で放置することになってしまうのです。

永久使用権についてここまでお話ししてきましたが、実は永久使用権とは法律に定められた権利ではありません。
ですから、その内容は墓地の管理者との契約によって決められることになり、永久使用権を持っている人はその範囲の中で使用できるということになります。
契約に基づく権利である永久使用権は、お墓を建てる事を前提としてその土地の使用権として得ているものですので、契約内容に記載してある期間内にお墓を建てなかったりするとその権利が失効され、さらに支払ったお金が返ってこない場合もあります。

永久使用権を取得するための金額については、地域や立地条件などによって変わってきます。
やはり、住宅の土地と同じように立地条件や交通の便が良いところは高くなる傾向があります。
東京都内の場合は、150~200万円程度が相場ですが、地方になると30~60万円程度が相場のようです。

また、永久使用権を取得した後も、別に管理費を支払い続ける必要があります。
管理費の相場は、市営の霊園で年間数千円、民営の場合は年間数千円~数万円になります。
こちらも立地などによって金額が違います。

永代供養との違い

永久使用権が土地の使用権であるのに対し、永代供養権はお墓を供養したり管理したりしてもらえる権利の購入という意味になります。
この権利を購入すれば、継承者がいなくても一定期間はそのお寺で供養・管理を行ってくれます。

こちらも法律で定められている権利ではありませんから、その内容は権利の販売者との契約内容によって決められます。
だから、様々な形の永代供養があるのです。
永代供養と永久使用権の違いをお分かりいただけたでしょうか。
永久使用権は土地を使用する権利であるのに対して、永代供養は供養や管理をしてもらう権利、つまりサービス料のようなものと言えるかもしれません。
例えば横浜のある墓地では価格について詳細が明示されていますので、参考までに各墓地の情報を確認すると良いかもしれません。
墓地によって価格が違いますのでぜひ比較してみてください。