横浜・保土ヶ谷エリアの永代供養墓はココ!

相場の確認が大事?永代供養にかかる費用

    

永代供養にかかる費用はどのくらい?

 

近年、永代供養に注目が集まっている事の理由の一つに、普通のお墓よりも費用を安く抑えられる、という事が挙げられます。

横浜でも他の大都市圏と同様に永代供養を希望する方が増えています。
では、永代供養には実際にどれぐらいの費用が必要なのでしょうか。

 

 

費用を抑えられる永代供養

お墓を普通に建てる場合、公益財団法人生命保険文化センターの資料によると、墓地使用料としてかかる金額が112万円程度、墓石代として必要な金額が163万円程度というのが通常のお墓にかかる平均的な金額だそうです。
合わせると、275万円もの費用が必要になります。
これとは別に、お葬式の費用などもかかりますから、誰かが亡くなった時の経済的な負担はとても大きなものになります。
そこで、注目を集めているのが通常よりも費用を抑えられる永代供養です。

永代供養が近年注目を集めているのは、未婚率の上昇によってお墓を継ぐ人がいなくなったり、少子化によって日常のお墓の維持管理をする人がいなくなったりする事も大きな理由です。
墓守がいなくなってしまうと、無縁仏になってしまいますから、それを事前に防ぐ意味があるのです。
そして、それらと共に永代供養に注目が集まる理由として、費用を安く抑えられる、という事があります。
300万円近くかかるお墓代を、わずか数万円に抑える事が出来る場合もあるのです。
これだけ安くなるなら、永代供養が注目を集めるのも当然です。
中には、残される人に負担をかけたくないからと、生きている間に自ら永代供養を申し込む人もおられます。

永代供養にかかる金額の実例

永代供養は、普通にお墓を建てるよりも費用が少なくて済むのが魅力の埋葬方法です。
ですが、永代供養に必要な費用は、寺院や供養の方法などによって大きく異なります。
先ほども述べたような数万円で永代供養を行ってくれるところもあれば、100万円以上かかる場合もあるのです。
ここで、首都圏にあるお寺の永代供養にかかる金額の実例をいくつか見てみましょう。
お寺の実名は出しませんが、供養方法と費用の相場の目安としてみてください。
あるお寺では、三十三回忌までは遺骨を個別に骨壺のまま納骨堂に安置し、その後、本山に遺骨を移して合祀、永代納骨をしてくれます。
この場合の永代供養にかかる費用は、42万円となっています。

また、あるお寺では、遺骨を個別に安置してくれる期間は13回忌までとなっていますが、その間供養を毎日行ってくれますし、春と秋のお彼岸と夏のお盆には合同で供養の儀を行ってくれます。
このお寺の永代供養の費用は39万円になります。

ある格式の高いお寺では、13回忌まで骨壇に安置し、その後に共同合祀して永代に渡って供養してもらって30万円の費用が掛かります。

他に、金額が安いところでは、2年間の個別安置を行った後、合同供養墓に合葬し永代に渡り年に一回以上は供養を行うという形で、5万5千円というところもあります。

費用はお寺によっても、供養の方法や頻度、遺骨を個別に安置してもらえる期間などによって大きく変わってきます。
また、お寺によっては年間管理費がかかるところなどもあります。
永代供養にかかる費用は、数万円で済むところもあれば150万円を超えるところもありますが、基本料金は50万円未満のところが多いようです。
故人の宗旨宗派は問いませんから、色々なところを比較し、納得のいく供養方法と金額のところを選ぶようにしたいですね。

永代供養という新しい形のお墓が現れたのは、1985年の事です。
それ以来、様々な納骨や永代供養のバリエーションが生まれてきました。
永代供養の費用の相場や、供養の方法などをしっかり確認して、後悔しないように永代供養墓を探してください。