横浜・保土ヶ谷エリアの永代供養墓はココ!

屋内も屋外も!「永代供養」の種類と特徴

    

永代供養の種類と特徴

 

お墓を継いでくれる人がいない、お墓の管理が大変、故郷のお墓が遠くてお参りできない、などという人が増えてきている昨今、永代供養の人気が高まっています。
お寺が管理と供養を行ってくれる永代供養には、様々な種類と特徴のものがあります。
どのようなものがあるのかご紹介しましょう。

 

 

屋内型の永代供養墓

遺骨を建物の中に収納するのが、屋内型の永代供養墓です。
一つの建物の中にたくさんの遺骨が置かれている事が多く、まとめて永代供養が行われます。
一般的に納骨堂と言われるのはこの屋内型の事を指します。
見た目は墓地のイメージとは違いますが、通常の墓地と同じ機能を持っています。
メリットとしては、利便性の良い場所にある事が多い点や、屋内が快適に保たれている点などが挙げられます。
ただ、大人数でのお参りやお供え物に制限がある場合が多くなっています。
この屋内型の永代供養墓にも、いくつかの種類があります。

・ロッカー型
最近増えてきているタイプの屋内型永代供養墓です。
ロッカー式の棚に骨壺を納め、お参りする時は管理者から骨壺を出してもらいます。
同じ型の檀がたくさん置かれている中に個別で個人のお檀も置いてあります。
通常は遺骨も個別で収納されています。

・霊廟型
仏壇の下に骨壺を納めるタイプの永代供養墓で、個別に分かれているのでお供え物をそれぞれのところに置く事ができます。

・棚型
仏壇は設けずに棚だけが設置されているタイプです。
古くからある納骨堂でよく見られる永代供養墓で、棚に骨壺を入れて安置します。
比較的安くて使いやすいのですが特徴です。

他にもタッチパネルで個別のお墓が出てくるタイプの機械型や、位牌だけを配置しておく位牌型のようなものもあります。

屋外型の永代供養墓

屋外型の永代供養墓は、外にある合同墓に遺骨を納める形式のものです。
通常のお墓参りのようにお参りをすることが出来ます。
ただ、通常のお墓参りと同じく天候に左右される事や、大型のために利便性の良くないところにある事が多いというデメリットもあります。
こちらは主に4種類に分けられます。

・納骨檀型
大型の石材で作られた棚に骨壺を納める形式のものです。
集合安置型の永代供養墓で、個別に墓石を管理する必要はありません。
集合安置型なので、個別に墓石を管理する必要はありません。
大きさはお寺や霊園によって異なりますが、屋外型の永代供養墓の中では最もスタンダードな形です。

・納骨塔型
塔の形をした石で作られたモニュメントの下に骨壺を納めます。
納骨檀と同じく集合安置型なので、個別に墓石を管理する必要はありません。
納骨檀とは、見た目が違うだけで内容についてはほぼ同じです。

・墳陵型
前方後円型などの墳陵の下に合同で骨壺を納める方式です。
骨壺を安置しないで遺骨をあけてしまう合祀型のものもあります。
比較的大きい合葬墓のタイプになります。

・墓石安置型
通常のお墓と同じように個別のお墓を持ちながらお寺に永代供養をお願いするタイプの永代供養墓です。
永代供養と通常のお墓の両方のメリットを持ち合わせていますが、契約した最後の親族が亡くなってから一定期間が過ぎると、遺骨は永代供養墓に移されて合祀されます。
価格は高めになる事が多いようです。

他にも里山や公園などで樹木を墓標とする、自然葬の代表格である樹木葬や、粉末にした遺骨を海に撒く海洋葬なども、ある意味屋外型と言えるかもしれませんね。
海洋葬の場合は、遺骨を分けて手元に残した遺骨を永代供養してもらう方法もあります。

一口に永代供養と言っても様々な種類のものがあることがお分かりいただけたでしょうか。
永代供養を選ぶ際に、眠る場所はとても大切な条件になります。
実際に自分の目で見て決めるようにしてください。