横浜・保土ヶ谷エリアの永代供養墓はココ!

永代供養について家族で話し合っておくべきポイント

    

永代供養について 家族で話し合おう

 

 

人が亡くなった後、お位牌には精神の魂が宿り、お墓には肉体の魂が宿ると言われています。

そのお墓について、本人の意向はもちろん尊重されなくてはいけませんが、残される家族の希望も無視するわけにはいきません。
だから、普段からお墓について家族で話し合っておく事が大切なのです。
永代供養について、家族で話し合っておくべきポイントは何なのでしょうか。

 

 

そもそも永代供養にするべきかどうかを考える

永代供養は、継承者がいなくてお墓が持てない人や、身寄りのない人、お墓の事で残される家族に負担をかけたくない人などにおすすめの埋葬方法です。
ですから、家族がいる人はまず永代供養を選択するかどうかから話し合うべきでしょう。
家族に負担をかけたくないと思っていても、残される側としては多少の負担をしてでも自分のお墓に入れてあげたい、と思っている場合もあります。
また、その家のお墓に眠っている人との確執が原因で、そのお墓に入りたくない、という希望を本人が持っている場合もあるでしょう。
そういったところに折り合いをつけ、永代供養をするのか、通常の埋葬を選ぶのか、という事から話し合うべきなのです。
本人の意向と残される家族の希望をすり合わせて、永代供養をするかどうかを決めましょう。

納骨と供養の方法

永代供養をする事に決めたら、次に納骨の方法について話し合いましょう。
永代供養と一口に言っても、依頼するところによって納骨方法には様々な違いがあります。
ずっと遺骨を骨壺で安置してくれるところもあれば、始めから遺骨を骨壺から出して合葬するところもあります。
数年から数十年の間遺骨を安置しておいて、期間が過ぎれば合葬するというところも多くあります。
自分の遺骨をどのように扱って欲しいか、本人の意向を確認しておきましょう。
また、合葬されると遺骨を取り出すことが出来なくなりますから、残される家族の意思も無視できません。
お互いの希望を話し合い、どのような納骨の方法を採るのかを決めましょう。
供養の方法も依頼するところによって大きく変わってきます。
年一回の供養祭を行うところや毎月法要を営むところ、毎日回向してくれるところなど、様々なところがあるのです。
また、塔婆を立てるかどうかも宗派や寺院によって異なります。
どのような供養をしてもらうのかも、本人と家族の間で意見をまとめておきましょう。

費用と依頼先

費用に関しても、依頼する先によって大きな違いがあります。
数万円のところもあれば、百万円を超えるところもあるのです。
多くの場合はその費用には永代供養量や使用料、納骨料が含まれており、通常は必要となるその後の管理費も永代供養では必要ない場合がほとんどですが、墓誌への刻字料は費用に含まれる場合や実費になる場合などがありますから、費用についても話し合っておきましょう。
また、その費用を誰が負担するかについても話し合っておく必要があります。
家族に負担をかけたくないなら本人が支払っても構いませんし、誰かが払う事にしても構わないのです。
納骨方法や供養の方法、費用などを話し合ったら、どこに依頼するかを決めましょう。
宗旨や宗派も考慮に入れる必要がありますし、何よりきちんとお墓を守ってくれるところを選ぶ必要があります。
運営母体が消滅してしまったら、無縁仏になってしまう可能性もあるのです。
ですから、依頼先は慎重に選び、みんなが納得できるようにしましょう。
永代供養は東京や横浜など都市圏を中心に徐々に定着しつつありますが、選択肢の幅はとても広くなっています。
人生最後の仕事であるお墓選びは、本人さえ良ければいいというものではありません。
家族とよく話し合って、全員が気持ちよく送り出してあげられるような永代供養を選択しましょう。