横浜・保土ヶ谷エリアの永代供養墓はココ!

身よりがない人も安心!永代供養は生前に申し込もう

    

永代供養、生前に申し込もう

 

少子化や未婚率の増加に伴って、身寄りのない人や一人暮らしの老人も増えています。
そのような人の中には、亡くなった後の事に不安を感じている人もおられるでしょう。
ですが、そのような人からも永代供養は注目を集めているのです。
生前に申し込める永代供養
通常は、亡くなった後は家のお墓に入るか、新しくお墓を建ててそこに入る事になります。
ですが、身寄りのない人はどうすればいいのでしょうか。

 

おすすめ!永代供養について

生前にお墓を建てる人もおられますが、それにはかなりの費用がかかります。
お金を豊富に持っている人なら、お墓は固定資産税の対象外ですから節税対策にもなるので、それもいいかもしれません。
ですが、お金に余裕がない人にとっては、生前にお墓を建てるのは簡単な事ではありません。
お墓を持つと、管理費などの費用も負担しなくてはいけませんから、簡単にお墓を建てるという決断を下せる人も少ないでしょう。
お金に余裕がない人には、いつまで生きるか分からないのに大きな費用を払い、管理費まで払ってお墓を持つのは現実的ではないのです。
そんな人におすすめなのが永代供養です。
永代供養墓は、身寄りのない人やお墓を守ることが出来ない人などを、運営母体が責任を持って供養と管理をしてくれる共同のお墓の事です。
お墓を建てるよりも安く、管理費もかからない事がほとんどなので、あまりお金に余裕がない人でも選択可能な方法なのです。

生前に申し込み可能!自分に合った依頼先を探そう

この永代供養は、生前に申し込むことが可能です。
永代供養を申し込んでおけば、亡くなった後の事に不安を感じる事もなくなります。
永代供養を申し込んだからといって、本当に亡くなった後にそこに納骨してもらえるのかどうか、不安に感じる人もおられるでしょう。
特に、身寄りのない人はなおさらです。
一般的には、永代供養を申し込んでお金を支払うと、その証として「永代供養墓使用証書(名称は異なる場合があります)」というものを発行してもらえます。
それを、万一に備えて見つかりやすいところに置いておくと、他の人にも分かりやすいでしょう。
その証書に納骨先を書いた手紙などを添付しておいたり、知人や近隣の人に話を通しておいたりすると、より安心できます。
永代供養を申し込む際は、その管理者に誰がどうやって納骨してくれるかを相談し、確かめておきましょう。
永代供養は、近年注目を集めている埋葬方法ですが、それだけに多くの業者が参入してきており、その供養方法や納骨の方法なども様々です。
始めから遺骨を骨壺から出して、他の人の遺骨と一緒にまとめて合祀するところや、一定期間骨壺のままお骨を安置し、期間が経過した後に合祀するところ、分骨して一部を安置しておき、残りを合祀するところなどがあり、安置する期間も数年のところから50年にわたって安置してくれるところなど、納骨の方法だけでもこれだけ違うのです。
自分がこの世を去った後、どのように納骨や供養をして欲しいかよく考え、料金と内容をよく検討して自分の希望に添ったところに依頼するようにしましょう。
また、永代供養とは言っても運営母体がなくなってしまった場合は管理者が不在となり、お墓が撤去されたり巨大な無縁仏が残されてしまったりする可能性もあります。
しっかりとお墓を守っていく事が出来る依頼先を選ぶことも重要なのです。
永代供養は、お墓を持つことが出来ない人や身寄りのない人が増えている現代のニーズに合わせて生まれたものです。
ですから東京や横浜など都市圏で増加しています。
まだ法律上の整備もされていませんから、依頼先をしっかり吟味しないと、納得のいく納骨や供養をしてもらえない場合もあり得ます。
安心して眠るためにも、永代供養の事をしっかり調べて、自分に合った依頼先を探しましょう。