横浜・保土ヶ谷エリアの永代供養墓はココ!

永代供養墓のアクセス面からのチェックポイント

    

アクセスから選ぶ永代供養

 

永代供養墓を選ぶ際に重要になるポイントの一つに、アクセス面があります。
いくら供養の方法や納骨方法が気に入ったとしても、その永代供養墓があまりにもアクセスしにくいところにあったのではお参りするのも大変です。
ここでは、永代供養墓を選ぶ際のアクセス面からのチェックポイントをご説明しましょう。

 

居住地からのアクセス

「身寄りがない自分にはお墓参りをしてくれる人なんかいない」「お墓参りをわざわざしてもらう必要はないからお墓の場所はどこでもいい」などという声を聞くこともあります。
ですが、だからと言って永代供養墓を選ぶ際にアクセスのことをまったく考えなくていい、ということにはなりません。
自分が眠る墓を選ぶ際には、自分の居住地からのアクセスも重要なポイントになってくるのです。
例えば、生前に申し込む場合は、その場所と縁が出来ることになりますから、足を運ぶこともあるでしょう。
そういった場合に、自宅からあまりに遠かったり、アクセスしにくい場所にあったりしたのでは大変です。
また、納骨をする時のことを考えても、居住地からアクセスしやすいところに永代供養墓がある方が望ましいでしょう。

自分の事だけを考えたとしても、居住地からのアクセスは永代供養墓を選ぶ際のポイントになるのです。

車で行く場合のアクセス

お墓参りに行く時には、線香やお花、お供え物などたくさんの荷物を持って行く必要があります。
そんな時には、やはり車でお墓まで行く方が便利です。
そんな事を考えると、車でのアクセスのしやすさもきちんと考えて永代供養墓を選ぶ必要があります。
まず、高速道路のインターチェンジからのアクセスを確認しましょう。
これは実際に運転してみる事をおすすめします。
地図上での距離は短くても、途中でとても細い道があったり、いつ子供が飛び出して来るか分からないような道があったりしたのではアクセスが良いとは言えません。
また、お彼岸やお盆などの実際にお墓参りをする時期の混雑状況も確認しておきましょう。
その時期は混雑しやすいものですが、お墓に着くまでに何時間も渋滞に巻き込まれたのでは、心のこもったお参りが出来なくなってしまいます。
車で行く場合のルートや所要時間も、永代供養墓選びの重要なポイントになります。

公共交通機関からのアクセス

お墓参りには、全員が車で来るとは限りません。
高齢になって車の運転が困難になった人や、もともと車を持っていない人などは電車やバスなどの公共交通機関を利用する場合もあるでしょう。
そんな人のためにも、公共交通機関からのアクセスも確認する必要があります。
始発と最終の時間や本数、駅やバス停からお墓までの距離などをチェックしておきましょう。
永代供養を行っているところでは例えば東京や横浜など都心にあるところもあります。
場所が近ければお墓参りも気楽に行けます。脚の弱い人もお墓参りに行きやすいようなところにある永代供養墓を選ぶようにしましょう。
お墓周辺の環境には、住宅地や商店街だったり、自然が豊かな山林地帯や川沿いだったりと色々なところがあります。そんな中で、自分が納得して眠れるところを探すようにしてください。

自分が納得のいく永代供養墓に入る事が出来れば、それで十分という訳ではありません。永代供養墓を選ぶ時には、残された人がお墓参りをする時に気持ち良くお墓まで来られるような立地にあることも、考慮に入れる必要があります。
また、お墓参りに来る頻度によっても条件は変わってきます。年に一回程度なら、駅やバス停から少々遠くても、自分の気に入ったところを選んでも構わないでしょう。年に一度ぐらいなら、タクシーを利用してもそれほどの負担にはなりません。
永代供養墓選びは、このようなアクセス面からも考える必要があるのです。