横浜・保土ヶ谷エリアの永代供養墓はココ!

最近のお墓事情は変わってきている?
現代の日本の大きな問題として、少子化や未婚率の上昇などが挙げられますが、そこに付随してくるのが日本人のお墓の問題。家系にお墓が無い方やそもそも入るお墓が無いという方もいるので、昔と違い、亡くなっても先祖代々続くお墓に入れない場合も増えてきました。
永代供養なら一人でも安心
そこで、近年は家族に代わって亡くなった後の供養やお世話をお寺で行ってくれる永代供養が注目を集めています。生前に申込みをして費用を払えば亡くなった後も安心。最近はなかなかお墓参りに行けない家族の意向で永代供養を選択することも多くなってきています。
横浜でオススメしたい永代供養を比較
このサイトでは横浜・保土ヶ谷エリアでオススメしたい永代供養墓をご紹介しています。金額や立地条件、口コミや評判などの総合評価でランキング付けしていますので、「どこの永代供養墓にしようか悩んでいる」「実際どこが良いのかわからない」という方は是非参考にしてみて下さい。

横浜の永代供養墓ランキング!

洋風な景観が人気の「朝陽の杜墓苑」

横浜・保土ヶ谷エリアでオススメしたい永代供養墓の第1位は朝陽の社墓苑です。

ここはお寺ではなく民営の墓地になり、キレイに整えられた設備と、お墓まで行く通路も広くなっているバリアフリー仕様で人気を集めています。

設備に関しては洋風の明るいイメージで墓苑とは思えないような華やかさがあるのが特徴で、どこかホッと出来るような場所になっています。

また、永代供養だけではなく全体のイベントとも呼べる「お盆合同供養祭」などの行事も充実しているので、沢山の方が行き来する墓苑なので、寂しさを感じることも少ないはず。

また朝陽の杜墓苑ではペット供養も対応しているので今後永代供養を考えていて、自分の大切なペットと同じ墓苑を選びたい方にもオススメです。

宗派 問わない
金額 50万~
お預かり期間 最長33回忌まで
霊園で永代供養してもらえる「さいかいのひ」

横浜・保土ヶ谷エリアでオススメしたい永代供養墓の第2位は、横浜セントヒル霊園が運営する「さいかいのひ」。

この永代供養墓は他のお寺や墓苑でよくある33回忌後の合葬、散骨は行わず、永久的に骨壷のまま、お墓の下にあるカロートという保管場所で永代供養してもらうことが出来るんです。

また、「さいかいのひ」は料金面も非常にリーズナブルで、管理費等のコストも一切ナシ

永代供養料の中に管理費が含まれており、その他の年会費や入会金もかからないので、未来永劫「管理費を払われなくて供養が終わってしまう」という心配もありません。

宗派も問わないので、どのような方でも安心して申し込むことが出来ますよ。

宗派 問わない
金額 36万~
お預かり期間 期間なし(散骨されない)
様々な永代供養のプランがある永久の杜

横浜・保土ヶ谷エリアでオススメしたい永代供養墓の第3位は「永久の杜」という民間の霊園。

今の日本は少子化や核家族化してきたことにより、お墓に対する考え方が少しずつ変わってきています。

昔なら先祖代々受け継がれてきたお墓に亡くなった後に入ったり、新しいお墓を建てたりするのが当たり前でしたが、近代はお墓に高い金額を掛けたくない方や、またはこだわったお墓を立てたい方など、多様化してきたとも言えるでしょう。

そのような多様化したニーズに応えているのが「永久の杜」です。

様々なプランや埋葬方法を選べるので、きっとアナタに合ったプランを見つけられるはずですよ。

宗派 問わない
金額 ~180万
お預かり期間 最長33回忌まで
天台宗の永代供養墓がある本覺寺

横浜・保土ヶ谷エリアでオススメしたい永代供養墓の第4位は本覺寺。

本覺寺は天台宗のお寺で、横浜市の鶴見区に建立されており、一般的なお墓以外にも納骨堂があり、本覺寺の住職が永代にわたって、供養してくれる永代供養墓が存在します。

永代供養墓の近くには平和地蔵大菩薩(六地蔵)というお地蔵さんがあり、その近くに合祀してもらうことができるので、心安らかに眠ることができるでしょう。

最近の日本では少子化問題や核家族化が進み、お墓に入れない方や、家族に経済的負担を掛けたくない方も大勢いらっしゃると思います。

そのような方は生前にも相談が可能な本覺寺に相談してみてはいかがでしょうか?

宗派 天台宗
金額 50万~
お預かり期間 最長33回忌まで
心が癒やされる庭園と緑に溢れている「樹源寺」

おすすめしたい永代供養墓第5位は樹源寺という日蓮宗のお寺です。

樹源寺は横浜市保土ヶ谷区の東海道から車ですぐ、JR横須賀線「保土ヶ谷駅」より徒歩20分で行けるという、とてもアクセスがいい立地となっており、永代供養墓としてはかなりの人気を誇っています。

環境としても非常に良く、利便性の高い立地ながら心が癒やされる庭園や緑が溢れる園内は、見学に行けばきっと気に入ること間違いでしょう。

横浜でどこの永代供養墓にしようか悩んでいる方には薬師如来に見守られる環境で供養を受けられる樹源寺もおすすめです。

宗派 日蓮宗
金額 30万~
お預かり期間 最長33回忌まで

最近は永代供養を希望する人が増えています

近年「終活」という言葉があることはご存知ですか?

終活というのは簡潔にまとめると、「自分の人生の締めくくりを自分で考え、プロデュース(下準備)することによって、今の人生をより良く生きよう」というものです。

最近は、自分の人生の中において最終的な終着点をポジティブに捉え、そこに向けて自分の趣味に合わせた骨壷をオーダーメイドしたり、「エンディングノート」という自分の死後の要望や家族に向けたメッセージを残したりする方が少しずつ増えてきました。

そして締めくくりを考える中で、一番重要と言っても過言では無い「お墓」のことがあると思いますが、「子供に金銭的な負担を掛けたくない」「お墓を継承出来る子供がそもそもいない」などといった理由で、「永代供養」を選択する方が増えてきました。

もちろん、昔と変わらず先祖代々のお墓に入る予定の方もいらっしゃると思いますが、世の中としては未婚率の上昇であったり、核家族化の問題が深刻化していたりなど、生涯を一人で終える方も増えてきているのが現実。

また、先祖代々のお墓や、新しく墓石を購入してお墓を建てたとしても、将来的に無縁墓になってしまう可能性が少しでもある場合、お墓の手入れや供養を誰もしてくれない状態で月日が流れ、最終的には墓石ごと撤去されてしまう事だってあります。

むしろ、自分が末代となる場合は、今まで家族で守ってきた先祖代々のお墓の管理も自分が亡くなってしまっては、誰かに任せないといけません。

そのような時に「永代供養」を上手に活用すると、自分や家族の代わりにお寺や霊園にお墓の管理を一任することが可能なのです。

将来のお金の心配が無い「永代供養」

永代供養の場合、自分のお骨(骨壷)の管理は家族に任せるのではなく、その永代供養墓があるお寺や霊園で管理してもらい、恒久的に供養をしてもらうことになります。

その場合、管理費や維持費などといった「亡くなった後の費用」は発生せず、生前に一括で費用を納めた後は半永久的に供養してもらうことが可能。

自分が亡くなったあとに家族には金銭的負担を掛けることはありませんし、お寺や霊園の方たちによる供養が続くことになりますので、将来的に無縁墓になってしまうことはありません。

また、供養についてもお寺や霊園によって決められたタイミングで合同法要が行われますし、家族もいつでもお墓参りに行くことが出来ます。

永代供養墓の種類

そんな半永久的に管理・供養をしてもらえる永代供養ですが、納骨する際に使用するお墓にはいくつか種類があります。

1番周知されているのが「単独墓」と呼ばれる墓。

個人墓や個別安置方型などとも呼ばれ、個人別に墓石・納骨スペースが設けられていて、墓地や霊園などでよく目にする墓と変わらないタイプ。

ただ、管理してもらえる期間が決まっていることが多く、期間が過ぎると集合墓などへ改葬されることが多いようです。

その「集合墓」でも永代供養をしてもらうことは可能となっています。

集合墓とはそれぞれ石碑や石塔をたてて、それを集合させて作られるタイプの墓です。

かかってくる費用は単独墓を作るより安くなりますが、単独墓同様納骨スペースは個人別に分けられており、参拝する際すぐ近くにも別の方の墓があるというだけです。

なので、広く自分だけのお墓を持ちたいというこだわりがないという方にはオススメでしょう。

そして、永代供養墓として最も多いのが「共同墓」になります。

合祀墓とも称され、自分と血縁がない人も一緒に埋葬され、そこへ記念碑などを建ててもらい供養・管理してもらえます。

先に紹介した2つの墓と比べ、費用も安く抑えられるとあって人気が出ています。

お墓の種類もありますが、各お寺や霊園ごとに雰囲気など変わってくるため、自分好みに合った永代供養墓を選ぶのがおすすめです。

横浜・保土ヶ谷エリアの永代供養墓を比較

単に「永代供養」と言ってもお寺・霊園ごとにプランはかなり変わってきます。

また、永代供養の場合、永久的に遺骨を保管するのではなく、7回忌や33回忌まで保管して、その後は合祀されることが多いので、検討している永代供養墓では、いつまで遺骨が保管されるかは事前に確認しておきたいところ。

残された親族ともしっかり話をして、予算などを踏まえた上で自分にピッタリな永代供養のお寺や霊園を見つけたいものです。

その他、「緑が多い」「バリアフリー仕様になっている」などの景観や最寄り駅や、立地条件などでも自分に合うところを見つけたいですよね。

そこでこのサイトでは横浜・保土ヶ谷エリアにある永代供養に対応しているお寺・霊園を、景観・アクセス・料金などから見た総合評価で、ランキング形式でご紹介しています。

横浜・保土ヶ谷エリアは都心までのアクセスも非常によく、また、横浜市内も都市開発が行われているので、住宅街として以前から人気。そのため沢山の方が住居を構えていますが、霊園やお寺の数も多いので、人生の締めくくりをするには最適なエリアでもあります。

個人的な意見もありますが、ご紹介しているお寺・霊園はどこもいいところばかりなので、是非参考にしてみて下さい。

「永代供養」チェックしておくと安心なポイント

永代供養のチェックしておくと安心なポイント   永代供養は費用も少なくて済みますし、お墓の維持管理などに気を配る必要もないので、東京や横浜など都市圏で人気を集めています。

ですが、そういった人気の高まりを受けて、今では永代供養を行ってくれるところが随分増えてきました。

そして、永代供養と一口に言っても、寺院や霊園によって扱いがかなり違ってくるのです。

どういった点に気を付けて依頼先を決めれば、納得のいく供養をしてもらえるのでしょうか。

   

納骨と供養の方法

永代供養にも、様々なものがあります。

特に納骨の方法についてはきちんと調べておきましょう。

最初から遺骨を骨壺から出して土に還す合葬という方法もありますし、ある一定の期間は骨壺のまま安置しておき、その期間が過ぎた後に骨壺から遺骨を出して合葬される場合もあります。

骨壺のまま安置しておく期間は、三十三回忌までというところが最も多くなっていますが、十七回忌や十三回忌、中には三回忌で合葬されるところもあります。

さらに、納骨の方法には分骨というものもあります。

これは、遺骨の一部を小型の骨壺に納め、それを一定期間安置しておき、残りの遺骨は合葬するという方法です。

散骨に近い方法で合葬してもらいたい、という方もおられれば、出来るだけ骨壺で安置してもらいたい、という方もおられます。

納骨の方法は、必ず押さえておきたいポイントの一つです。

永代供養では、供養の方法も依頼先によって大きく異なります。

供養方法は、永代供養墓を管理する寺院や霊園の考え方が強く反映されるものです。

年一回の供養祭を行うところもあれば、毎月法要を営むところ、毎日回向してくれるところなど、様々なところがあるのです。

これらについてもきちんと把握しておく必要があります。

亡くなった後にどれぐらい供養してもらうか、という事はとても大切な事です。

納得のいく供養をしてくれるところを選びましょう。

また、宗旨や宗派によっても供養方法が異なってきます。宗派が決まっている方はそれほど迷う事はないでしょうけれど、現代の日本人は特定の宗派を持っていない人がほとんどだと思います。永代供養墓を管理する寺院や霊園では、申込者の宗教を問わないところが多いのですが、供養の方法はそのお寺の宗旨・宗派の法義で行われますから、宗派についても調べておく事が必要でしょう。

料金とお参りの方法

永代供養は、通常よりも料金が安い場合が多いのですが、依頼先によってとても幅が広いのも特徴です。料金の平均的な目安としては50万円前後というところですが、数万円の費用で済むところもあれば、百万円を超えるようなところもあります。祥月命日や年回忌の供養の費用についても、あらかじめ含まれている場合もありますし、別料金が必要になる場合もあるのです。金額に含まれるものと含まれないものについても、必ずチェックしておきましょう。

ただし、高いほど良く安いところは悪い、というわけではありません。供養のやり方や納骨の方法などと照らし合わせて、自分に合った永代供養墓を選ぶようにしましょう。

お参りは、故人と触れ合うことが出来る大切な場ですから、それがどういった形になるのかも把握しておきましょう。遺骨を前にして拝めるところもあれば、離れたところでお参りするところもありますし、共同の祭祀箇所でお参りするところもあります。どのようにお参りが出来るのかも、きちんと把握しておきましょう。

永代供養は、生前に自分で申し込むことも可能ですし、亡くなった方の親族が申し込むことも可能です。どちらにしても、その人の希望をかなえてあげる事を第一に考えましょう。そのために、普段からお墓の事を考え、家族と話し合っておく事で、納得のいく供養を行うことが出来るのです。